MENU

ヨーグルトダイエット

ヨーグルトダイエットを紹介したいと思います。ヨーグルトダイエットはその名の通り、ヨーグルトを使ったダイエットの方法です。ヨーグルトの中には乳酸菌が含まれていますがこのヨーグルトの中に含まれている乳酸菌がダイエットに効果があるといわれています。乳酸菌は腸の中に存在している善玉菌を増やす働きがあり、これによって、便秘は解消されますし、カルシウムが吸収されやすく、脂肪を分解する働きがあります。脂肪が分解されるとこれがダイエットにつながるわけです。ヨーグルトを食べれば、腸の働きも活発になります。腸の働きが活発になればお腹の中にたまっている老廃物をすっきりと体の外に排出できることになりますから下腹が気になっていた人も効果があらわれてダイエットに成功できるといわれています。

 

乳製品はたくさん食べると脂肪が増えるという話を耳にしますがヨーグルトの中に含まれているカルシウムは、吸収されやすいので、体にすぐに吸収されますからヨーグルトを食べたからといって脂肪が増えるということはないようです。それだけでなく、逆に脂肪を分解する働きもヨーグルトにはありますからヨーグルトはとてもダイエット食品として効果のある食品だということがわかりますね。

ヨーグルトダイエットのポイント

ヨーグルトダイエットのポイントについて紹介します。ヨーグルトダイエットは一日にだいたい500グラムくらいヨーグルトを食べるとダイエットの効果があるといわれています。一度に500グラム食べるのではなくて、一日のトータルで500グラムぐらいのヨーグルトを食べるようにしましょう。朝昼晩と三食に分けてヨーグルトを食べるようにするとダイエットに効果的です。ヨーグルトダイエットをする際には、必ず、食後ではなくて食前に食べるようにすることがポイントです。なぜ食前にヨーグルトダイエットではヨーグルトを食べるのかというと、食前なら満腹感を感じられるのでその後の食事の量を減らすことができるからです。

 

ヨーグルトダイエットに適しているヨーグルトは、無糖のヨーグルトがいいといわれています。無糖のヨーグルトが苦手だという人は低脂肪や低糖のヨーグルトでもいいと思いますがダイエットなので、糖分には十分注意しましょう。ヨーグルトのトッピングですが、食物繊維を多く含んでいるドライフルーツをのせたり、ナッツ類の乗せるのがいいですね。蜂蜜や砂糖はダイエット中ですので控えるようにしましょう。ヨーグルトダイエットはヨーグルトだけを食べるというダイエットではありません。食前にヨーグルトを食べるというダイエットですから間違えないようにしてダイエットしてください。

ダイエットにスキムミルクヨーグルト

ダイエットに効果があるスキムミルクヨーグルトについて紹介したいと思います。ダイエットに効果があるスキムミルクヨーグルトは別名痩せるヨーグルトとも呼ばれています。カルシウムをたくさん取るということは太っている人にとってその体質を改善する第一歩になります。ダイエットに効果のあるスキムミルクヨーグルトの作り方ですが、市販のヨーグルト200グラムに対してスキムミルクを30グラム入れてください。そしてそれをよく混ぜて、ティッシュをかぶせて輪ゴムをして誇りが入らないようにしておいて室温で寝かせてください。これでスキムミルクヨーグルトの完成です。

 

通常のヨーグルトよりもスキムミルクが入ったことによって乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトができました。これがダイエットにとても効果のあるヨーグルトです。このスキムミルクヨーグルトをダイエットに利用する場合には、朝ごはんには、スキムミルクヨーグルトだけを食べます。そして昼ごはんはいつもどおりダイエット中ですからカロリーは気にしつつも、普通の食事をします。そしてお腹がすいて間食がしたいときにはダイエットに効果のあるスキムミルクヨーグルトを食べます。そして夜ご飯は普通に食事します。これだけでも、ダイエットに効果があるといわれています。